お問い合わせはこちらから

行政書士青崎法務事務所は福岡、博多の地で、会社設立、入管業務を主に扱っている事務所です。


弁護士、税理士、司法書士、社会保険労務士、弁理士といった専門家との連携で問題の解決を図ります。 ぜひ一度ご相談ください。


初めての方は事務所案内とよくある質問をご覧ください。


事務所案内 


よくある質問


業務についてのご相談は


092−400−3503


に直接お電話くださるか、


予約フォーム


からメールをください。完全予約制)


営業時間 


午前10時から午後10時まで。


定休日   


土曜、日曜、祝日  


※ただしあらかじめご予約いただければ土日祝日も相談に応じます。仕事終わりのご相談も可能です。気軽にご相談ください


相談料30分 5000円

ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
アクセスカウンタ
134689

昨日: 0033
今日: 0003
オンライン状況
16 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが よくある質問 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 16

もっと...

FAQ(よくある質問と回答)

メインページ »» 行政書士とはなんですか?

目次


行政書士とはなんですか?
行政書士とは、行政書士法によって定められた国家資格です。

行政書士になるためには、

々埓書士試験に合格した者
∧杆郢里箸覆觧餝覆鰺する者
J柩士となる資格を有する者
じ認会計士になる資格を有する者
ダ罵士となる資格を有する者 
Ω務員として一定期間働いた者

であることが必要です。



どのような業務を行うことができますか?
行政書士は許認可のプロです。


行政書士法によれば、

‖梢佑琉様蠅鮗け報酬を得て、官公署に提出する書類(電磁的記録を含む)を作成すること
権利義務、事実証明に関する書類を作成すること

(以上、行政書士法1条の2)

9埓書士が作成することができる官公署に提出する書類を官公署に提出する手続きについて代理すること
す埓書士が作成することができる契約その他の書類を代理人として作成すること
ス埓書士が作成することができる書類の作成について相談に応じること

(以上 行政書士法1条の3)

ができます。

ただし、他の法律においてその業務を行うことが制限されている事項については、業務の範囲外です。



具体的にはどのような業務ができるのですか?
具体的にどのような業務ができるか、すべての業務をここに羅列することはできません。なぜなら、法律上、官公署に提出するすべての書類の作成権限があるからです。また、事実証明、権利義務に関する文書の作成権限があるからです。

(官公署とは、国、地方公共団体の諸機関を意味し、行政機関のみならず、広く立法機関及び司法機関のすべてを含むものです)

一番分かりやすい例えは、訴訟代理権のない弁護士だと考えていただければ結構だと思います。

ただこれだけでは具体的にどのようなことを頼むことができるのか分からないと思われますので、思いつく範囲で羅列していきますと、




事実証明、権利義務に関する文書作成業務


契約書作成、内容証明郵便作成、告訴状作成、定款作成、株主総会議事録作成、取締役会議事録作成、示談書作成、就業規則作成、助成金申請、公正証書作成等




官公署に提出する書類の作成業務


法人、組合設立関係

株式会社、合同会社、NPO法人、合名会社、合資会社、社団法人、財団法人、公益法人、医療法人、LLP(有限責任事業者組合)、特殊法人、中小企業事業者組合、福祉法人、中間法人、等



開業許可、届け出関係

飲食業、食品製造業、産業廃棄物処理業、風俗営業、貸金業、建設業、不動産業等



入管業務(ビザ)

在留許可、資格外活動許可、資格外活動許可証明書、帰化、等の代理申請



車関係

車庫証明、自動車登録、旅客運送業、一般貨物運送業、軽自動車運送業の申請特殊車両の運送許可、介護タクシー、等の届け出、許認可



土地関係

農地転用許可申請、開発許可申請、官民境界明示申請、公有地の占有払い下げ申請、等



知的所有権関係

著作権登録、出版権登録、著作隣接権登録、プログラム著作物登録、契約書関係、使用許諾契約、等


等々です。


このほかにも取り扱える業務は無数にあります。

たとえば、簡単なところでは、住民票取得の代理業務なども入りますし、難しいところでは、テレビ局やラジオ局の設立許可なども業務に入ります。

ぜひ一度、お問い合わせください。







どのような業務ができないのですか?
できない業務は行政書士法以外の法律で他の士業の独占業務とされている業務です。

具体的には以下の業務です。

訴訟代理
これは弁護士と司法書士の独占業務です。

登記
これは、司法書士と土地家屋調査士、海事代理士の独占業務です。

税務署に提出する書類の作成
これは税理士の独占業務です。

社会保険庁に提出する書類の作成
これは社会保険労務士の独占業務です。

特許庁に提出する書類の作成
弁理士の独占業務です。








取り扱えない業務については相談しても無駄ではないですか?
行政書士は確かにすべての業務について扱えるわけではありません。また法律上制限されている業務について相談を受け、相談料をいただくことは違法です。

しかし、士業にはそれぞれの得意分野があり、ネットワークがあります。

したがって、自分でできない業務については専門家を紹介することもできます。
またわかる範囲、できる範囲でアドバイスを行い、その結果物事が解決することもあります。

したがって、まず最初の窓口として、行政書士に、相談することはベターな選択のひとつだと思います。


行政書士を使うメリットは何ですか?
行政書士は許認可のプロです。

許認可とは、たとえば飲食店営業の許可などのことを言います。

喫茶店を経営しようという場合、保健所に必要書類を提出して、食品衛生法に基づく営業許可を取らなくてはなりません。

この保健所に提出する書類の作成提出の代理をするのが行政書士です。

行政書士に仕事を依頼すれば、開業前の貴重な時間を開業準備に充てることができます。



デメリットは何ですか?
報酬が必要ということです。

青崎法務事務所では、統計資料に基づいた、適正な報酬額を設定しています。



どのような場合に行政書士に仕事を頼めばいいのですか?
々埓書士は、許認可を取得する専門家です。

起業をする場合には前もって官公庁の許可、認可が必要な場合があります。

許可、認可なしに仕事をした場合、最悪の場合、逮捕、起訴という事態も起きえます。



一般的に事業を興そうという場合、各士業とのかかわりは以下のようになります。


事業計画を作る

行政書士に相談し、許認可の必要性や会社設立の相談をする。

会社を作った場合は司法書士に登記をお願いする。

税金や社会保険の問題が生じた場合は税理士、社労士に相談する

法律的な紛争が生じた場合は弁護士に相談する

大会社になった場合会計書類を作成する必要が生じるため公認会計士もしくは監査法人に相談する。

というわけで、まず経営者になる場合まず行政書士に相談してみることをお勧めします。



行政書士が入国管理局申請取次資格を持つ場合は、外国人のビザの問題にも対応できます。

したがって外国人留学生をアルバイトとして雇いたい場合や、外国人を従業員として雇いたい場合などにも相談してみることをお勧めします。
また外国人の方が、日本で経営者となるためには経営投資の在留資格が必要です。そのような場合にも相談されてみることをお勧めします。

当事務所代表 青崎逸郎は入国管理局申請取次行政書士です。何かありましたら相談なさってください。


9埓書士は権利義務および事実証明に関する文書の代理作成権限も有しています。この権限を持っているのは弁護士と行政書士だけです。
したがって、契約書の作成や、会社経営をする上で必要な法律文書の作成についての相談も持ちかけられてもいいと思います。
行政書士の仕事を自分ですることはできないのですか?
それは可能です。日本では訴訟でも何でも本人申請が原則です。したがって、自分で勉強して書類を作成し提出することは可能です。

しかし、法律用語は難解です。一から勉強することを考えれば、専門家に任すのも一つの手です。

また、書類の不備があると、何度も役所に足を運ばなければならなくなることもあります。時間的に余裕のある方ならそれも可能でしょうが、そうではない方にとっては、苦痛を感じることもあるかとおもいます。

そのようなリスクを回避するためにも、専門家に任せてみてはどうでしょうか。


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
取扱業務一覧
自己紹介
はじめにお読みください
定款作成(各種法人)
契約書作成・定款作成(各種組合)
議事録作成
入管法の基本
入管(在留資格)
外国向け書類の認証
日本国籍付与
質屋営業・古物業
倉庫業
酒類販売
建設業関係
金融商品取引業
相続
事業承継支援(中小企業経営承継円滑化法に関する申請)
公正証書
内容証明郵便作成
一般的な契約書作成